ミノキシジルの代表的な5つの副作用

ミノキシジル

多くの男性が抱える髪の毛の悩み。ミノキシジルはそんな髪の毛の悩みを解決する画期的な成分として注目され、この成分を含む育毛剤もたくさん販売されています。

 

発毛作用が期待できる成分として注目されているミノキシジルですが、ミノキシジルを含む育毛剤を使用する場合には思わぬ副作用が出てしまう場合があるので注意が必要です。

 

副作用はその薬を使用する人の体調や体質によって症状の出方も異なります。発毛・育毛剤は長い期間に渡って使うものですし、健康を損なうことがないよう使用方法を守って利用することが大切です。

 

以下にミノキシジルを使用・服用した際に起こりうる副作用として代表的なものを5つにまとめました。比較的””だと言われていますが、以下のような副作用リスクがあることを事前に把握しておくことは大切です。

 

かゆみ

様々な副作用があるといわれるミノキシジルですが、報告されている中で最も多い副作用は「かゆみ」です。主に頭皮のかゆみを訴える人が多いのは、育毛剤が頭皮につけるものだからで、体に合わない成分を含む育毛剤を使ったことで体がアレルギー反応を起こし、かゆみを感じることがあります。

むくみ

インターネットで調べてみると、ミノキシジルを使用したらむくみなどの副作用が出た、これは腎機能に悪影響が出ているからだなどの心配な情報が見つかります。

 

むくみなどの副作用は基本的に高濃度のミノキシジルを使用もしくは服用した場合に起こりうるというもので、市販されている育毛剤に含まれる程度の濃度ではほとんど心配する必要はありません。

低血圧

ミノキシジルの副作用として心臓への影響が心配されます。心臓に障害があったり、狭心症などの治療を受けている人は特に注意が必要です。もともと降圧剤として開発されたミノキシジルは血管を拡張したり、血行を促進する作用がある成分です。低血圧の人が使用して、極端に血圧が下がりすぎてしまうなどの影響がごく稀にあることも報告されています。

 

数々の検査をクリアして、商品に使用が許可された安全な成分ではありますが、ごく稀に心臓などに影響をおよぼす副作用が出ることがあります。使用上の注意をよく読み、使用方法をきちんと守って使用することが大切です。

動悸

低血圧同様に、動悸などの心臓への負担や影響も挙げられます。上述の通り、ミノキシジルはもともと高血圧の治療のための薬として研究、開発されてきました。血管を拡張し、血行をよくする効果もある成分です。

 

ドラッグストアで購入できるミノキシジル配合の育毛剤に含まれるミノキシジルの量は少なく、濃度が低いため、一般的には重大な副作用の心配はまずないと言われています。しかし、高濃度のミノキシジルを使用したり、使用法を守らずにたくさん使用するなどした場合に動悸などの副作用が現れることもあるのです。

奇形児

妊婦が使用した場合において、奇形児のリスクも少なからずあるのではないかと言われています。ミノキシジルに限らず、医薬品には胎児危険度分類という指標があります。

 

危険度が高い順にX、A、B、C、Dとランクが分かれており、育毛剤としてミノキシジルとともによく使用されているプロペシアの主成分であるフィナステリドはもっとも危険なXに分類されています。そのため、プロぺシアは女性の服用はおすすめできません。

 

これに対し、ミノキシジルはCに分類されているので、プロペシアほど危険度は高くないですが、それでも副作用の危険を考えると妊婦は服用を避けた方が無難です。

 

妊婦の服用は胎児への影響ももちろん考えるべきですが、妊娠中の女性自身も体質が変わるなど普段と違った副作用の症状が現れやすい状態です。妊婦が薬の使用や服用をする際には妊娠していないとき以上に注意が必要です。

 

上述の通り、ミノキシジルを使用することで起こる副作用は少ないとは言え報告されています。上述の5つ以外では、頭痛、不整脈、性欲減退、眠気など。細かい症状を挙げるとかなりの数になります。

 

ただ、ミノキシジルは日本国内でも発毛効果があると認められた数少ない成分のひとつです。発毛効果があると認められ、かつ販売されているということはそれなりに安全が確認されたからこそとも言えます。

 

副作用が心配な人にとって一番安全なのは、専門の医師のもと処方された育毛剤を使用する事です。そのためにはAGAや薄毛専門のクリニックで治療することをお勧めします。

 

ミノキシジルを始め医薬品には少なからず副作用のリスクが付きまといます。医師の元治療に取り組む事が最も安全な方法ですが、まだ治療を始めるには早すぎるって感じている人も多いでしょう。そんな人には自宅で手軽にケアできて、コスパが非常に良い無添加の育毛剤を紹介します。中にはAGA治療で効果が得られなかった人でも無添加育毛剤で効果を得られたと言った意見もあります。詳しくは以下をご確認ください。

 

副作用の心配不要な育毛剤

 

AGAと関係の深い男性ホルモンのテストステロンとは

AGAが何故起こるのかを知る上でカギを握るのが、男性ホルモンであるテストステロンです。これは、性欲増進、筋肉増量といった働きを持つ男性ホルモンです。男性的な肉体を作る働きも持っているので、男性として成長して行く為には、必要不可欠な物質とも呼べるでしょう。しかし、テストステロンそのものには、脱毛を促す働きはありません。AGAを引き起こすのは、このテストステロンと結合する5α-リダクターゼです。5α-リダクターゼは、頭皮に元々存在している還元酵素です。この2つの物質が結合すると、DHTと呼ばれる物質に変化します。このDHTこそが、AGAの直接的な原因となるのです。DHTは、アンドロゲンレセプターと呼ばれる、男性ホルモン受容体に作用します。

 

ヘアーサイクル流れ

 

アンドロゲンレセプターにDHTが作用すると、ヘアサイクルの状態が乱れてしまうのです。そうすると、まだまだ未熟な状態の毛髪が抜け落ちてしまい、AGAの症状が現れるという仕組みです。しかも、テストステロンが減少してしまうと、DHTの生成が増加するという事も判明しています。その為、AGAを予防する為にも、テストステロンの分泌を促すようにすべきでしょう。分泌を促すには、亜鉛やサプリメントの摂取や筋力トレーニングがオススメです。また、睡眠で身体に休息を与える事も重要であり、睡眠時間が短いほど分泌量が少ないという報告もあるほどです。そこで、毎日きちんと睡眠をとるように心がける事も大切です。

 

AGA治療薬で効果が期待できるのは医薬品?医薬部外品?

薄毛を気にする鏡の前の男性

ドラッグストアで購入できる育毛剤を、AGA治療薬として使用している方もいるようです。しかし、一般的にドラッグストアで購入できる育毛剤は、ほぼ医薬部外品です。その為、ドラッグストアで購入できる育毛剤は、AGA治療薬としてはあまり効果が期待できないと言えるでしょう。何故なら、医薬部外品は医薬品よりも効果が劣るからです。医薬部外品は効果が緩やかなものであり、医薬品と比較すると、効果は劣ります。例えば、AGA治療薬として有名なプロペシアやミノキシジルは、どちらも医薬品です。効果が高い事から、これらを使用する場合には医師の処方箋が必要となります。しかし、ドラッグストアで購入できる育毛剤は、医師の処方箋は不要です。こうした医師の処方箋の有無から見ても、医薬品の方が優れている事がわかるでしょう。ただし、医薬品の中には一般用医薬品や大衆薬と呼ばれるタイプの薬もあります。これは、薬剤師などの専門家による助言を受ける事が出来れば、ドラッグストアでも購入が可能です。このタイプで有名なのが、リアップです。リアップには、ミノキシジルが配合されており、AGA治療薬としても用いられているほどです。しかし、AGAを予防するという場合には、医薬部外品の育毛剤でも満足の行く効果が得られるはずです。また、症状が軽い場合にも、毛髪にハリやコシを感じる事になり、納得できるのではないでしょうか。さらに、肝機能障害のある方には、AGA治療薬は処方する事が出来ません。その為、症状や自分自身の体調に合わせて、どちらを使うべきかを選ぶようにすべきでしょう。


このページの先頭へ戻る